二日酔いにも作用?

プラセンタは二日酔いにも効果があるのです。
二日酔いはつらいものです。
例えば、学生時代の友達とついつい徹夜で飲みすぎてしまったり、接待の席であまりお酒が強くないのに勧められるがままにお酒をたくさんのんでしまったり、
という経験はあるでしょう。
それで翌朝から、ガンガンする頭痛、頭がもうろうとする、体がほてって仕方がない、などという嫌な二日酔いも経験ある方も多いのではないでしょうか。

そうです。二日酔いにも効果を発揮するのがプラセンタです。
なぜ二日酔いに効果を発揮するのでしょうか。
実は、プラセンタの効能として、知られているのが幹細胞増殖機能です。
この肝臓のはたらきを促進してくれる機能があります。

肝臓とは元々の機能はこれです。
胃腸から吸収された栄養分などを体内で必要な物質に作り変えて、必要な場所に送り出す機能をもっています。
さらに、お酒を飲んだ時のアルコールやアンモニアなどを分解、解毒する機能があります。
肝臓の機能が低下していれば、有毒物質やアルコールなどを分解しづらくなるという事です。
アルコールなどの分解を処理する大切な機能を持っている肝臓のはたらきを促進してくれれば、たくさん飲んだお酒、アルコールは分解してくれやすくなるということです。
二日酔いで長時間苦しみたくないというのなら、プラセンタをとって、少しでも肝臓を助けてあげてください。

もし、プラセンタによって、二日酔いの症状がかなり軽くなったなど実感した人は、それでも要注意です。
プラセンタパワーに頼って、たくさんお酒を飲んでもいいや、という気持ちで飲みすぎないようにしてください。
あくまでもプラセンタがいざという時のためだけのものだと思って頂きたいのです。
肝臓をあまり酷使し続けることはあまりいい事ですし、その他派生した病気も発症するかもしれないという話をするとかもしれませんね。
プラセンタは二日酔い以外にも、体に良い効果がたくさんあるので、日ごろから摂取するのが望ましいです。
1日の摂取目安量が、http://xn--a-tfum8g1dtc.com/31.htmlに載っているので参考にしてください。